さちクリニックについて

診療方針

心の健康・変調が複雑化している時代に、私たちができること。

開業当時に感じていた以上に、いま、心の治療機関の必要性が高くなっています。
女性の生き方の多様性や、伝統的な女性像との葛藤などにより、女性自身が人生設計のモデルを持ちにくく、心の健康への影響が現れやすい時代なのです。
病状そのものの問題もありますし、それ以外にも人間関係の問題、環境や時代背景など、心の変調をいくつもの層にわたって考えながら、治療に取り組んでいます。

クリニックは高田馬場駅からすぐという、とても便利な場所にあります。
落ち着いた空間で、ご自身の訴えを医師と落ち着いて話せるような診察空間、診療環境を整えています。

  • 女性のメンタルな問題に関心を持ち、女性が訪れやすい、かかりやすいクリニックを心がけています。
  • 働く女性が受診しやすい時間帯を設定していますので、仕事が終わったあとにゆっくり受診していただけます。
  • 医師の治療のほか、時間をかけて自分を見つめる取り組みをする、
    心理療法の部門(サイコセラピー室ご案内はこちら)を併設しています。
    医師と臨床心理士が連携を取り合い、治療の層がより厚くなる工夫を心がけています。
  • 女性がかかりやすいクリニックは、男性にとってもかかりやすいように思います。
    どうぞご相談ください。
診察室
サイコセラピー室
待合室
待合室

クリニック概要

名称
さちクリニック
所在地
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル501号 [地図・アクセスはこちら]
電話番号
03-3208-5848
FAX
03-3208-5316
開業年
1988年
診察科目
精神科、神経科、心療内科
診察時間
診療時間表受付終了は各診療終了時間の30分前です。
休診日
日・祝日 ※年末年始、GW、お盆の休診があります。

さちクリニックmini展覧会

待合室で「さちクリニックmini展覧会 2017.7〜2018.6」を開催しています。

Tano Festa タノ・フェスタ

1938年イタリア ローマに生まれました。
1957年にローマ美術専門学校で写真を専攻しましたが、サイ・トゥオンブリに影響され絵画の世界に入りました。
イタリアポップアートを代表する作家と言われています。ポップアートは現代美術の芸術運動のひとつで、大量生産・大量消費社会をテーマとして表現し、雑誌や広告、漫画、報道写真などポピュラーなもの、身近なものを素材として扱います。1950年代半ばのイギリスで誕生し、1960年代にアメリカ合衆国でロイ・リキテンスタインやアンディ・ウォーホルなどのスター作家が現れ全盛期を迎え、世界的に影響を与えました。
ローマの美術専門学校の若い学生たちも影響を受けてポップアートに挑戦を始めました。 フェスタは1959年21歳でフランコ・アンジェリやジュゼッペ・ウンチーニらと共にグループ展を開催、また、1961年23歳でローマのサリタ画廊で個展を開催しポップアーティストとして注目を浴びる作家となりました。

1962年にアメリカの現代アートのコレクターで画商であるイリアナ・ソナベントに招待され、ニューヨークのシドニー・ジャニス画廊で「ニューレアリズム展」に参加しました。この展覧会には多くのポップアーティストが招聘され、アメリカからはジャスパージョーンズ、アンディー・ウォーホルが参加しています。アンディー・ウォーホルがアメリカのポップをマリリンモンロー、コカコーラ、キャンベルスープの缶で表現しましたが、フェスタはイタリアのポップをシスティーナ礼拝堂天井画のミケランジェロの作品や鎧戸やローマのポポロ広場で表現し、高く評価されました。
1980年にはベニスビエンナーレに招待され若くして世界的にも有名な作家となり、フランコ・アンジェリやマリオスキファーノらと共にローマ派の画家と呼ばれました。ローマの郊外のアトリエで作品制作に没頭し多くの作品を残し、50歳という若さで亡くなりました。 イタリアを愛しイタリアに愛された画家の洗練されたポップアート表現を楽しんでいただけたら幸いです。

企画 アルテッセ 桜田裕子

ページトップ

Copyright © Sachi Clinic. All Rights Reserved.