さちクリニックについて

診療方針

心の健康・変調が複雑化している時代に、私たちができること。

開業当時に感じていた以上に、いま、心の治療機関の必要性が高くなっています。
女性の生き方の多様性や、伝統的な女性像との葛藤などにより、女性自身が人生設計のモデルを持ちにくく、心の健康への影響が現れやすい時代なのです。
病状そのものの問題もありますし、それ以外にも人間関係の問題、環境や時代背景など、心の変調をいくつもの層にわたって考えながら、治療に取り組んでいます。

クリニックは高田馬場駅からすぐという、とても便利な場所にあります。
落ち着いた空間で、ご自身の訴えを医師と落ち着いて話せるような診察空間、診療環境を整えています。

  • 女性のメンタルな問題に関心を持ち、女性が訪れやすい、かかりやすいクリニックを心がけています。
  • 働く女性が受診しやすい時間帯を設定していますので、仕事が終わったあとにゆっくり受診していただけます。
  • 医師の治療のほか、時間をかけて自分を見つめる取り組みをする、
    心理療法の部門(サイコセラピー室ご案内はこちら)を併設しています。
    医師と臨床心理士が連携を取り合い、治療の層がより厚くなる工夫を心がけています。
  • 女性がかかりやすいクリニックは、男性にとってもかかりやすいように思います。
    どうぞご相談ください。
診察室
サイコセラピー室
待合室
待合室

クリニック概要

名称
さちクリニック
所在地
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル501号 [地図・アクセスはこちら]
電話番号
03-3208-5848
FAX
03-3208-5316
開業年
1988年
診察科目
精神科、神経科、心療内科
診察時間
診療時間表受付終了は各診療終了時間の30分前です。
休診日
日・祝日 ※年末年始、GW、お盆の休診があります。

さちクリニックmini展覧会

待合室で「さちクリニックmini展覧会 2018.7〜2019.6」を開催しています。

Nakajima Hiroyuki 中嶋 宏行
Nakjima Hiroyuki 中嶋 宏行
1956年千葉県生まれ。千葉大学工学部建築学科を経て、1981年同大学院修了。
1997年、都市計画家の仕事の傍ら書作家として活動を始める。
2000年にイタリアローマで個展を開催し本格的に書作家として活動を始める。

その後、ドイツ、フランス、フィンランド、アメリカなど、海外で個展やパフォーマンスは60回以上開催されている。2006年にフランスの第60回アヴィニョン・フェスティバルに招待され、展覧会とパフォーマンス「月」を発表する。2008年からはイタリア・ミラノにもアトリエを構え、日本と欧米で活動を続ける。中嶋宏行の書は伝統芸術としての書道を学んだことから始まる。いつしかお手本通りに書くことに疑問を感じて書道界から離れ自由に作品制作を始める。

書の特質とは「造形」と「意味」があると言われる。「造形」とは作品にみられる形、線質のこと。「意味」はそこに何が書かれているのか、その意味が問われる。海外では、日本の文字は理解されないので造形として作品に向き合う人が多い。中嶋は書の特質として「造形」と「意味」に加えて「身体」と「時間」そして「自然」というものを考えるようになった。
書とは身体の軌跡、書は自然とともにあるという視点である。ミラノにアトリエを構え作品制作をしていた時期に、文字から離れることを試みる。そして文字に続き筆、墨、紙からも自由になっていった。我々は学校教育の一環として子供の頃から書道に親しんできているが、堅苦しい記憶も多い。しかし、本来はもっと自由で解放されたものであるというのが中嶋の持論である。その理論をもとに日本だけでなく海外でも書の指導に当たっている。今回の展示は文字から離れ、キャンバスやアクリル絵の具を使った開放感ある作品です。それぞれの感覚で楽しんでいただきたいと思っています。
中嶋 宏行 ホームページ:http://www.sho-jp.com

企画 アルテッセ 桜田裕子 ホームページ:http://www.artesse.jp

ページトップ

Copyright © Sachi Clinic. All Rights Reserved.