さちクリニックについて

診療方針

心の健康・変調が複雑化している時代に、私たちができること。

開業当時に感じていた以上に、いま、心の治療機関の必要性が高くなっています。
女性の生き方の多様性や、伝統的な女性像との葛藤などにより、女性自身が人生設計のモデルを持ちにくく、心の健康への影響が現れやすい時代なのです。
病状そのものの問題もありますし、それ以外にも人間関係の問題、環境や時代背景など、心の変調をいくつもの層にわたって考えながら、治療に取り組んでいます。

クリニックは高田馬場駅からすぐという、とても便利な場所にあります。
落ち着いた空間で、ご自身の訴えを医師と落ち着いて話せるような診察空間、診療環境を整えています。

  • 女性のメンタルな問題に関心を持ち、女性が訪れやすい、かかりやすいクリニックを心がけています。
  • 働く女性が受診しやすい時間帯を設定していますので、仕事が終わったあとにゆっくり受診していただけます。
  • 医師の治療のほか、時間をかけて自分を見つめる取り組みをする、
    心理療法の部門(サイコセラピー室ご案内はこちら)を併設しています。
    医師と臨床心理士が連携を取り合い、治療の層がより厚くなる工夫を心がけています。
  • 女性がかかりやすいクリニックは、男性にとってもかかりやすいように思います。
    どうぞご相談ください。
診察室
サイコセラピー室
待合室
待合室

クリニック概要

名称
さちクリニック
所在地
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル501号 [地図・アクセスはこちら]
電話番号
03-3208-5848
FAX
03-3208-5316
開業年
1988年
診察科目
精神科、神経科、心療内科
診察時間
診療時間表受付終了は各診療終了時間の30分前です。
休診日
日・祝日 ※年末年始、GW、お盆の休診があります。

さちクリニックmini展覧会

待合室で「さちクリニックmini展覧会 2019.7〜2020.6」を開催しています。

Yuko Sakurada 桜田 裕子
Yuko Sakurada 桜田 裕子
福岡県生まれ。
1977年 Accademia di belle Arte di Roma(ローマ芸術大学)にて Sante Monachesi教授に学ぶ。1977 年卒業。
1977年にRoma Soligo画廊にて初個展を開催する。1978年帰国。1979年、1981年に銀座シロタ画廊にて個展を開催する。
1996年よりアートコーディネターとしての活動を始める。

私は当さちクリニックのアートコーディネートをさせていただき、2010年からはmini展覧会を開催しております。 ミケーレ・カスカラーノ水彩画展、マルコ・ガンディーノ展、丸山敏子日本画展、イタリアと東北の子供の蝶々展、アルベルト・パレス展、コドニョット展、タノ・フェスタ展、中嶋宏行展、そして、今回は40年ぶりに私自身の作品を制作し展示させていただきました。

自分の作品を自分で紹介するのがいかに難しいかという壁にぶつかっております。私が40年前の個展の時に頂いた批評文を引用させていただきます。
「アカデミズムに染まらず幸運にも自分の文化と世界を表現することに成功している。作品は新鮮でナイーブ、イデオロギーにもとらわれれていない。アルファベットのような意味のない文字やラインは彼女が持っている楽観的な生命力のバイブレーションとバランスをもたらしている。」(ガエターノ・ボニファーティ氏/1977年ローマSoligo画廊)

「イタリアの批評家はこういう作品に大和絵のような日本の伝統を感じるらしいが、こういう野放図でアッケラカンとして、素朴だが新鮮な作風は今日の日本には少ない。画面が一つのメッセージを語るよりも周囲の空間を緊張させる強さに注目すべきである。」(針生一郎氏/1979年東京銀座シロタ画廊)

久しぶりの作品制作は新鮮で楽しいものでした。しかし展示するのは何とも気恥ずかしく穴があったら入りたいような気持ちです。

企画 アルテッセ 桜田裕子 ホームページ:http://www.artesse.jp

ページトップ

Copyright © Sachi Clinic. All Rights Reserved.